活動記録2014年

いろりの活動を記録していきます!

2014年11月 農林漁業学園

今回は北は青森、南は沖縄の計27団体の日頃食と農林漁業に携わる大学生の皆さんに参加していただきました。
天気予報どおり、1日目はあいにくの雨。お客さんの足も遠のき、各店舗、1日目に販売を予定していた数よりも売れなかったという声がちらほら。2日目もこのままだと困る。
そんな、みなさんの声が届いたのかは分かりませんが笑、2日目は雨ふらず!!
日曜日ということもあって2日目はお客さんで賑い、完売することができた店舗も多くあったようです。
本当によかったです。
日頃、活動していることについて商品を通して、東京の、私たちのことを知らないひとに知ってもらう機会というのはめったにないと思います。
また、日頃、食と農林漁業に関わっている全国の学生たちが集まる機会もめったにありません。
このJAPAN FOOD FESTAは、そうした大学生たちのよい機会となることができたのではないでしょうか。
今回出展してくださった団体のみなさま、お疲れ様でした。
また、来年会いましょう!そしてこれからも食と農林漁業を盛り上げていきましょう!!


2014年8月 石徹白ツアー

8/18~20で、石徹白スタディーツアーを行いました!

石徹白は岐阜県群上市という福井県の近くにある、緑と水の豊かなところです。

今回は、地方の魅力を若い人たち・大学生に伝えようという目的でこのツアーを開催しました。

石徹白は水の豊かさを利用して、日本の村で初めて水力発電を大々的に導入する村で、もうすぐ村全体の電力+αの電力を賄える水力発電所ができる予定です。

そんな石徹白を今回は川・山・里に分かれそれぞれの魅力を参加者の人達で体感してきました。

このツアーを通して、大自然の壮大さや石徹白村という地域に住む方々の努力や頑張りを垣間見ることができました。


 2014年6月 Leader’s Camp

北は青森、南から沖縄の学生55名が集まり、「学生」が「食と一次産業」についてなにができるのか、「一次産業に関わるイベント企画をつくる」をテーマに一泊二日でワークショップを行いました。

優勝したチームが考えた企画は「農輪-のうわ-」

各地域の1次産業系の学生団体が各地域をアピールするようなコンテンツを盛り込み日本の各地域で合宿型の交流イベントの企画です。

ワークショップを通して、皆さんの一次産業に対する熱意が強く、強く伝わって、お互いの「思い」を感じることができる2日間になったと思います。


 

2014年4月 いろり×NLC 合同新歓

いろりの食と農林漁業に関わる学生団体13団体による合同新歓を開催し、食や農林漁業に関心のある100名以上の学生が集結しました。

第一部では、団体が各々の取り組みをプレゼンテーションで発表。わざわざ滋賀県から駆けつけてくれた団体も!!

第二部では参加者同士が「食や農林漁業に関心を持ったキッカケ」についてグループワークを通して振り返り、思いを語り合う時間を過ごしました。


2013年11月 農林漁業学園

東京・丸ノ内をメイン会場に、東京のあちこちにニッポンの美味しい食が集結した「JAPAN FOOD FESTA2013」。その中で、日本全国の「食」や「農林漁業」に関する自主的な取り組みを行っている大学生グループが、「集え!全国の大学生!年に一度の大文化祭」をスローガンに、丸ノ内仲通り、有楽町前広場、日比谷公園の会場に集結し、大学生自ら収穫した農産物や民間企業との連携等により開発した加工食品を販売しました。全国から約40団体、120名余りの大学生が東京に集結し、販売を通して「食」や「農林漁業」「地域」への想いを発信しました。

また、この企画の一番の目的であり、一番の楽しみが「全国の食や農林漁業に関わる仲間同士の交流」です。この場を通して一人一人が自分の好きな「食」と「農林漁業」への思いを仲間同士で語り合い、深い関係を築き上げていきます。ここで過ごした時間や出会いはきっとこれからの日本の一次産業を盛り上げる上で大切な財産になると思います。


2013年11月 食と農林漁業大学生アワード

食と農林漁業に関わる活動をしている大学生グループが日頃の活動の成果を発表し合い、最も魅力的な団体に農林水産大臣賞が授与されます。イベントを通じ、全国から集まった参加者同士のつながりの創出、社会人となったOB・OGから練習の段階で助言をいただき、「食と農林漁業を愛する若者のネットワークづくり」の場となることを目指したプログラムとなっています。

当日は、47団体の応募の中から決勝へ進出した11団体による白熱したプレゼンテーションが行われました。どの団体も個性的で、パワフルなプレゼンテーションに会場は拍手喝采でした。混戦の結果、2013年度は「学生日本酒協会」が農林水産大臣賞を受賞しました。この場で出会ったつながりや、切磋琢磨した仲間との時間はこれからの日本の一次産業を盛り上げていく若者にとって大きな財産になるでしょう。

 

2012年活動(2012年6月?2013年HP作成開始まで)

2013年活動予定