りんごの会

<活動理念>

2003年に顧問の石川先生が学内に『藤崎農場でりんごの樹を世話してみないか』という旨の張り紙を掲示し、それに賛同した学生が集まってできました。

様々な種類のりんごを栽培を体験することによって、りんごに対する知識・理解・技術を深めることを目標としています。

 

<活動内容>

弘前大学附属藤崎農場で栽培されているりんごの樹を20本程度借りて、摘花から収穫・販売までを体験しています。栽培している品種は、弘大1号、北斗、陸奥、スターキングデリシャス、紅玉、千秋、安祈世、こうこう、ジョナゴールドです。収穫したりんごは10月に行われる弘前大学の大学祭で販売したり、市内の洋菓子店とアップルパイの商品開発を行っています。