天使大学地域活性化サークルA-medi(エミディ)

A-medi(エミディ)は、北海道札幌市にある天使大学の地域活性化サークルです。A-mediには、食を軸に地域活性化活動を行う学生が集っています。ちなみに、A-mediはAngel mediators(天使の仲介者)の略です。天使大学の学生が、地域内、地方と都市、生産者と消費者をつなぐ架け橋になるという意味が込められています。私たちは、北海道はもとより全国各地へ飛び出していき、交流や体験を通して、「地域のために何ができるのか」を考え行動しています。
 A-mediの設立は昨年の秋でした。天使大学には、管理栄養士養成課程として栄養学科があります。管理栄養士は、病院で生活習慣病の患者さんに対して栄養指導を行ったり、スポーツ栄養学を駆使してアスリートのトレーニングをサポートしたり、食品メーカーで商品開発を行ったりと、食を軸として人の生活を支えるお仕事をします。そんな食中心の働き方を目指す栄養学科に所属している学生は、みんな食べ物の情報に敏感な“食いしん坊”ばかり。既存学内サークルとしては、ファームステイを行うサークル、お菓子を作るサークル、多国籍料理を作るサークル、牛乳大好きサークルなど、食べ物に関連したものが多くありました。A-mediの初期メンバーも既存食べ物系サークルを掛け持ちしていましたが、活動を通して知り得た北海道の魅力を内輪で止めておくのはもったいない!道内外のより多くの人に伝えていきたい!そして栄養学を学ぶ自分たちだからこそできることが何かあるのではないか?と考え、食を軸に北海道の魅力を発見・発信する地域活性化サークル“A-medi”を立ち上げました。